スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

暫定税率そのままは最大の失敗になる!

 暫定税率は廃止する方向でなければ、完全にブレることになるし、筋が通らなくなる。鳩山総理は、手遅れになる前に、「任期の4年以内に廃止する方向で、代替税制を立案し施行させていただきたい。」とするべきだ。
 代替税制として環境税という話があるが、環境税などという曖昧な命名は避け、「環境対策税」または「CO2排出(負担)税」とし、CO2排出に関わる燃料それぞれに対して、科学的に割り出される排出率が直接反映される形で税率を設定し、重油や天然ガス、LPガスも含め、CO2排出割合の大きい産業界も含めることで、負担者を広げ皆で負担する形となり、税率は低めに抑えられるはずである。少なくともガソリン税としては軽減されなければ、景気対策としても意味がない。
 注意すべき点は、景気対策でもあるので、産業界に対しては急に莫大な課税とならないよう段階的に税率を上げることや時間をかけてもCO2削減と産業発展との折り合いのつく税率にしていくこと等の対策を要するところだ。大きな目標を掲げた以上は、しっかりとやっていくべきである。

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Ωĥ????????? ????λΨ? by Goodor Bad

?????λΨ???????ΰ????λ??????????????Τ?????Υ???ä顢????

コメント

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。